取締役の麻野さんとほぼ同時に出版されたリンクアンドモチベーション代表小笹さんの本も読ませていただきました。こちらは経営者向けの本でしてそもそも給与や地位でモチベートされる時代は終わって本格的にモチベーションを提示出来る会社じゃないと生き残れないというような内容でした。
今までの価値観ではなく、欧米流でもなく、行動心理学的な考え方の「感情報酬」というものと向き合うことだ大事だと理解しました。組織について悩んでいる経営者にお薦めの本です。
モチベーション・ドリブン 働き方改革で組織が壊れる前に
book.jpg