サイゼリアの創業者であり会長でもある西垣さんの書いたこの本読みました。色々と参考になる部分が多いのですが特に西垣さんのマーケティング中心の考え方は勉強になりました。タイトルにもある美味しいから売れるのではない、売れるのがおいしい料理だという話ですが、日本企業は未だにプロダクトアウト型の会社が多く、良い商品であれば売れると考える人が多いです。ただこの良い商品という部分が生活者にというよりは自分たちが思う良い商品というところから始まっているからややこしいのです。必ずしも生活者はハイスペックなものを求めているのではなく、都度ニーズにあったコストパフォーマンスが良い商品を求めているのです。
マネジメントの仕方についても評価は売り上げで評価せずに努力すれば実現できるKPIで評価するとか、徹底的にデータ分析をして意思決定をするなどITベンチャー企業的な考え方も多く、とてもしっくりきました。全ての経営者にお薦めの本です。
おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
book.jpg