昨今米中の経済摩擦が進む中今後の世の中の動きを見極めるためにこの本を読みました。今まで大国と新たに成長してきた新興国は必ずぶつかり、多くの場合戦争になるという歴史が見えてきました。
米国と中国もなるべくして経済戦争になった。これが本当の戦争になるのかどうか。本当の戦争になる可能性も高いがそれはどの程度のものなのか。核戦争が起こると地球のダメージが大きいのでそれ以外の方法で起こるのであろうがいずれにしろ日本への影響は大きく出来る限りダメージが少ないものになると良いなと思いました。
全ての社会人にお薦めします。
米中戦争前夜――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ
book.jpg