この本は認知科学の科学者が行動経済学から人工知能まで各分野の研究成果をベースに人間について語った本で確かに!と納得するところから本当に?という驚きの部分まで人間という生き物がそんなに簡単に理解できない、もしくは解明出来ていない真実が書かれています。
最後に学ぶというのは無知を知ることとあるのがなかなか深いなと感心しました。
人間に興味がある方全てに読んで欲しい本です。
知ってるつもり――無知の科学
BOOK.jpg