この本皆さん読みましたか?人口減少と向き合った本です。当たり前に少子高齢化が進んでいますがここまで急速に進む国は歴史上日本が初めてということで予想も出来ないような事が起こりそうです。本の中にもこの状況をポジティブに考える考え方もあるけどやはり危機的な状況と書いてあります。
単に労働人口が減るとか内需が小さくなるというだけでなくインフラの整備や高齢者の介護などの面倒を見る人そのものがいなくなってしまう状況の中、更に若い人が減るということは既婚率や出産率、出産する子供の数が増えたとしても相対的に人数は減ってしまうという状況です。
ましては移民政策次第では外国に地域が乗っ取られてしまうリスクもあるとか。
国として大人としてまじめに向き合う大きなテーマだと改めて思いました。経済人として何か出来ないか改めて考えてみたいと思います。
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
book.jpg