この本は「リーンスタートアップ」を書いたエリック・リースさんが書いた大企業でリーンスタートアップを具現化する本です。
彼があの有名な大企業GEで組織文化を変えるコンサルティングを行ったそうでそれを軸に様々な大企業を変える方法や実際何が起こったかなど具体的に書かれています。
ベンチャー企業の方々からすると当たり前と思えるようなことが大企業では難しく、特に管理面や既存事業とのカニバリゼーションなど具体的な問題にぶつかったときにどんな風に乗り越えたのかなど大企業の経営者や新規事業の担当者などの方にお薦めの本です。
スタートアップ・ウェイ 予測不可能な世界で成長し続けるマネジメント
book.jpg