会社は常に成長すべきと考えていますが、一方で成長するためには負荷がかかり時には社員は本当に望んでいるのか?負担ではないか?など心配になることも多くあります。ただ経営者が常にビジョンを語らないと前に進まないのでどうしたら社員が輝いて成長出来るかは経営者にとって常に懸案事項かと思います。

この本ではOKRという仕組みを使ってチームとして前向きに成長出来る仕組みを提案しています。既に多くの日本企業でも実施している方法だと思いますが改めて理解し試してみたいと思いました。

特に経営経験の少ないベンチャー企業の経営者にお薦めの本です。


book.jpg