ベンチャー企業では部下にやらせるとか怒るとかで仕事をマネジメントするマネージャーが多いように感じますが、それで良いプロダクトは生まれるのでしょうか。私はベンチャー企業の成長はリーダーの成長と比例すると考えます。
この本では組織が危機的な状況や部下を育てる余裕がある状況、部下達が自然と成長していく状況によってどうマネジメントやリーダーシップが変わるか、またどうすれば育てたり、成長するのかが書かれています。若手マネージャーにぜひ読んで欲しい本ですね。
エラスティックリーダーシップ ―自己組織化チームの育て方

710YEQbMvZL.jpg