堺屋先生から献本いただき早速読ませていただきました。東京オリンピック後の団塊ジュニアがおじさんくらいの世代になった2016年に起こるだろうことを想定し書かれた小説です。
日本は天国を作った、だからその次に上がる階段がないという表現が印象的でした。この日本に苦しいところから立ち直る力があることを信じたいですね。
団塊の後 三度目の日本
51ZAkI4ttLL.jpg