この本はマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ、インテル元CEOアンディ・グローブ、アップル創業者スティーブ・ジョブスの様々な局面における意思決定や行動の様式について整理しまとめた本です。

意思決定をする際に未来を予測することが大事ですが未来を予測するために過去の歴史的な局面や流れを理解することがとても重要だと思います。多くの経営者は天才ではありません。そうなると闇雲に頑張るとか博打のように挑戦するとかといったやり方では失敗の確率が高くなり長期的に生き残るのは難しいでしょう。

この本では様々な切り口から先達の経営者の戦略についても考え方が書いてあります。失敗のきっかけは元々スティーブ・ジョブスは製品志向だったこと、アンディ・グローブは技術志向だったことでしたがプラットフォーム志向に変化し行動した事で強い会社を作った。またビル・ゲイツは最初からプラットフォーム志向が強く強い会社を作ったが自らのプラットフォームを壊す事が中々出来ず失敗に繋がった場合もあったなど様々な視点があり若手経営者にお薦めの本です。
ストラテジー・ルールズ
81z3nvnttpL