著名な起業家ベン・ホロウィッツさんの起業をめぐる人生の本です。読みましたが本当に壮絶な内容の本で単純に起業は素晴らしいという内容ではなくむしろ辛い事ばかり、でもそこから這い上がってくる中での人間とのものとしての成長が見える本です。

例えば単純に営業といっても具体的にどんなアプローチをしたか?また責任者の本当の見極め方、辛い時に役に立つかもしれない知識、 マネジメントの本質などなど読んでいて経営者の厳しさ、でもその中で本当に大事な事はスキルでも経験もなく精神的に粘り強く且つ誠実なのかどうかを改めて気付かされた本でした。

ベンチャー起業家に本当に薦めたい1冊です。 
HARD THINGS
hardthings