この本ではヨーロッパの日本と呼ばれるフィンランドが最近どうして元気なのか歴史や文化、経済などから紐解かれて書かれています。共著の古市さんとは時々ご一緒するのですが様々な経験の中から深い洞察がある深い方です。
私は今年日本で行われたSlash Asiaというフィンランドで始まった起業家のイベントに登壇したのですが何故フィンランドとずっと思っていました。
フィンランドは小国で資源もなく唯一林業が強いという国で歴史的にもロシアやスウェーデンに占領されてきました。そこからノキアという世界を動かす携帯電話の会社が生まれ、それがまた経営が厳しくなってし、でもそこからまたベンチャー企業が生まれて来ているというのは単に運が良かったとか政府の政策が良かったというだけでなくイスラエルや韓国同様にどうしようもない状況に追い込まれそれでも国や民族をなんとかしないとという人達が立ち上がったということがとても重要だと思いました。
もちろん現在のフィンランドはある意味福祉国家だし、フィンランド語が標準でありながら英語が話せる教育もあり
安心して起業に取り組めるという環境ももちろんありますがそれ以上に追い込まれた状況の中で立ち上がる国民性なのかどうかという部分が大きいと思いました。それは歴史が証明しているわけです。
日本もおそらくそのような国民性だと思いますが戦後の成長を遂げあまりに良い環境となり、今は国民全体がゆでガエルのようになっている状況なのでまだまだ時間かかるかもしれません。
起業とは何かということを考えている人にお薦めの本です。
 国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由  
 kokka