この本は作者の松岡さんが大阪の帝塚山学院大学の授業を持っていた時の講義をベースにまとめたものだそうです。もの凄い知識量の松岡さんが大学生にわかりやすく説明するために懇切丁寧に説明していて知識量の少ない私もよく理解できました。

内容は最初に松岡さんが進めている情報の編集とは何か?が書かれていて、その後にそれに基いて様々な宗教に関する歴史や考え方が書かれています。松岡さんとは実は筑波大学同期のプロノバ岡島社長から紹介受けたのですが勉強不足であまりお話できず本を読んで反省しました。次回はもっと意味のある話が出来ればと思います。

宗教の全体像を掴みたい方にお薦めの本です。
17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義  
sekaitonihon