この本はgoogleの企業文化や働き方の本ですがまず最初に驚いたのがLINEととても似ているということでした。googleで最も大事なのは人で優れた人を採用しまかせればたとえ短期的に失敗しても改善し成功に導くという考え方です。なので人を管理するのではなく、逆に自由にし様々な刺激を受け挑戦や成長出来る環境を作ることで自ら新しいイノベーションを起こそうという行動パターンを起こすのだそうです。

googleでは一番権限があるのは現場でCEO含めマネジメントはそれを支援するそうです。リーダーは命令するのではなく自らものづくりに取り組みます。計画も作らず市場調査もしないのだとか。ライバルを見るのではなく本質を見極め、マーケティングではなく新しい技術でイノベーションを起こすことに挑戦するそうです。

Appleとは異なりgoogleはオープンイノベーションを大事にし社内において情報をオープンにするのだとか。取締役会の議事録ですら出来る限り公開するのだそうです。

とにかく人材が大事なのでポジションがなくても優秀な人材は採用してプールしておくのだとか。なのでリーダーの面接力がとても重要なのだそうです。

LINEと異なる部分もありますが現場主義、本質を深堀する点が似ていました。

経営者全員にお薦めの本です。
How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
google