最近YouTuberのHIKAKINさんとuuumの鎌田社長、佐俣アンリさんのオフィスを訪問してからすっかりYouTuberに興味を持つようになったのでこの本を読ませていただきました。

極々普通の青年?だったHIKAKINさんがヒューマンビートボックスの動画をYouTubeにアップし話題になるところから様々な工夫を重ね、そこに人が集まって現在のようなNO.1のYouTuberになった話、誰にでも出来そうな気になりますが地道な苦労あっての今の成功なのだと思います。本当に頭が下がります。最近HIKAKINさんみたいなYouTuberになりたいという夢を持つ子供か増えているところも凄いです。

またそのHIKAKINさんと自然と出会い一緒にやることになった鎌田社長、そして投資家の佐俣アンリさんも加わってと、まるで時代が彼らをつなげたようなそんな印象さえ持ってしまいます。uuumのオフィスを訪問したのですがクリエイターと経営者、出演する人と作る人というような壁はまったく無くフラットな環境で一緒に楽しんでものづくりをしているオフィス環境に感銘を受けました。 

YouTuberを目指す方に読んでほしいと思います。
400万人に愛される YouTuberのつくり方
youtuber