ダイアログ・イン・ザ・ダークの日本の代表の金井さんに誘われて暗闇を体験する場所に行ってきました。

まず最初にオフィスに入って時計やスマートフォンなど時間を気にしたり連絡したりするものを全てロッカーの中に置きます。そして暗闇の中に入ると暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)の方が杖の使い方や中での行動の仕方を説明いしてくれて、パートナーの皆さんがそれぞれ自己紹介してから探検が始まります。中に入ると草木や水、そして屋台まであってとても刺激的でした。今回は年始バージョンだったそうですが様々なシーンで素敵な体験が出来ます。

初めての体験でまったく知らない人達と一緒だったのですが、中に入って音や香りを暗闇の中で一緒に感じながら楽しむことで何か面と向かって相手を知るのではなく声や行動で知ることで相手をより深く知ったような気がしました。また暗闇の中で想像しなから様々な環境を感じることで普段何気なく行動していた自分がいかに視覚に頼っていたか、そして音や香り、味などに対しどれだけ鈍感だったのかを反省しました。また普段何気なく接している視覚障害者の方々の気持ちや感覚が少しでも理解出来たような気がしました。今度会う時にはもっとやさしく出来るような気がします。

この場所は青山という都内の一等地にあるので気軽に参加出来ます。特に都会生活が長く、感覚が鈍っている方などにお薦めです。

ダイアログ・イン・ザ・ダークはこちら
http://www.dialoginthedark.com/

※手に持っているのは暗闇の中で書いた書き初めです。
dialoginthedark