落合さんのこの本読みました。落合さんとは経産省が推進している未踏の会や筑波大学の関係で時々お会いするのですが技術もアートもわかる日本には珍しい天才タイプの方で、そんな彼が書いた本がどんなものかと思い読みました。
色々な評論家が同様のタイプの本を書いたりしますが、概念的なものが多く実行力にかける場合が多いのですが、この本ではかなり具体的な考え方が示されてとても共感しました。特に日本の強みと機会として少子高齢化によってロボット化や地方分権などを進めるとか。教育や仕事のこれからのあり方として個人で考え行動する教育や仕事の仕方を進めるべきなど具体的に方向を示す絶好の機会だと考えています。
特に政府の方々に読んで欲しい本ですね。
日本再興戦略 (NewsPicks Book)
book.jpg

あの有名なリクルート創業者江副さんの人生について書かれたこの本読みました。とても刺激になったし、とても学びになったし、そしてとても残念な気持ちになりました。
一般的な話ですがコンプレックスをバネに事業を伸ばした方だったんですね。いj業の伸ばし方や組織作りの考え方はとても参考になります。それにしてもこれだけ凄い人が色々な周りの環境の中で結果的に追い込まれ犯罪者にされてしまう。日本というのは意味のない公平感みたいなものが包み込んでいる文化なんだなということを実感しました。この方が社会から追い込まれていなかったら日本の経済はどんな風に変わっていたのかと考えるともったいないですね。
二度とこのようなことが起こらないよう信じたいと思います。起業家の方々に是非読んで欲しい本です。
江副浩正
book.jpg

経営において人、物、金、情報が大事と言われますがイノベーションを起こす、そして実行をするという観点において優秀な人材はとても重要な要素だと実感しています。日本でベンチャーが大きく育たないのは優秀な人材がベンチャー企業に入社しないからとも言われますがまさにその通りかと思います。そして優秀な人材や活躍するためには組織の考え方が重要で、その組織論の変化についてこの本では書かれています。
会社組織では目標を定め実行する達成型組織から価値観を重視しステークホルダーの意見を生かすグローバル企業的多元型組織への変化している状況ですが、さらに今その先にある個人が自由にリーダーになって自己実現をしていくティール組織が生まれてきているのだそうです。このような組織には会社や上司が目標を求めることもないのだとか。新しい組織論はどんどん進化するのでしょうか。経営者や人事の方に読んで欲しい本です。
ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
book.jpg

↑このページのトップへ