3月9日土曜日に我が母校筑波大学のイベントがありパネリストとして出席してきました。筑波大学は文系、理系だけでなく医学も体育もそして芸術もある本当に幅広い学問が学べる大学なので出席者も私含め乾正人さん(産経新聞社東京本社編集長兼論説委員)、三屋裕子さん(株式会社サイファ代表取締役:ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト)、土佐信道氏(アーティスト:明和電機)、垣根涼介氏(作家)、井田寛子氏(「NHKニュースウオッチ9」気象予報士)、更に次期学長の永田恭介先生が特別ゲストとして参加するなどバラエティあふれる豪華メンバーでした。

話の内容はやはり学生時代の話中心だったのですが、一番多かったのは大変だった話。田舎で当時インターネットはもちろんのこと電話も公衆電話しかない時代で本当に生活が大変でした。友達や家族とは文通をしている状況でしたから。ただ皆さん大変な中だからこそ逆に自分で考え行動しそれはそれで豊かな学生生活を送っていたようです。

皆さんの話の中でも特に印象に残ったのが土佐信道さんの話でした。本当に何もしなければ誰とも会わない場所で自分とは何か?芸術とは何か?というものに向き合い“絶対孤独”、“月面大陸”のような状況だったと。でもだからこそ考える時間が出来てそれが今ものを生み出すことにつながっているという話で皆さん共感されていました。

私自身も卒論を書いている時期1週間以上誰とも会わず話もしないという経験をしました。人間はお金がない時より、時間がない時より、健康でない時より、孤独が一番危機感を感じるのではないでしょうか。社会での存在感が無いと本当に自分がちっぽけな存在だと感じます。でもだからこそ成長しようと思い、努力するのだと思います。筑波では自分についてゆっくり考え、整理が出来てその胆力が今の自分につながっているように思います。

筑波大学地味ではありますが興味がある方ぜひ一度行ってみてください。

筑波大学URLはこちら
http://www.tsukuba.ac.jp/
TSUKUBA

国家が成熟してくると技術者になりたいという学生が減ってくる状況になります。理由は定かではないのですが工学部を卒業した人が必ずしも給与が高くないということが理由としてあるのでしょう。

日本はもちろんのこと最近韓国でも工学系に進む学生がどんどん減っています。先進国では唯一アメリカが移民や外国人留学生を受け入れることで技術者の減少を防いでいるという状況かと思います。イノベーションを起こす上で技術者は大変重要です。これが国家の未来を支えているといっても過言ではないと思います。

NHNではそれをなんとかしようということでなんと学校を作ってしまいました。現在工学系の大学では必ずしも実務で必要な技術を100%教えているわけではない。そして教えている方も早いIT産業の変化について行っている人ばかりではないという課題があります。それを解決するために専門の教授陣を集めNHNの元CTOが学長になり昨年から開始しました。

初年度の学生は90名前後で工学系出身の学生が30%程度でほとんどは文化系の学生です。厳しい試験を経て入学しているので優秀な学生が文化系に移っていることがわかります。今の大学をやめてこちらに移った学生が50%近くもいていかに期待されているかわかると思います。

きちんと教えまたインターンも実施して、結果として優秀な学生が育つわけですが必ずNHNに入社しないといけないということはありません。技術者が世の中に増えれば結果的に国内でイノベーションが進みその事がいずれNHNの事業に良い影響を与えるという考えで運営しています。

入学に興味ある方ぜひ声かけてください! 

NHN NEXT












学校のURLはこちら
http://www.nhnnext.org/index.nhn

説得について考えてみたいと思います。そんな突然言われてもと思うかもしれません。説得なのか納得なのか説明なのか理解なのかよく解らない場合もありますが、ビジネス上多様な意見がある場合にはそれを乗り越える必要がありますね。弊社は比較的個性的な人が多いので良く社内で様々な意見が出たためにプロジェクトを進めるのが大変だとか権限を与えて欲しいとか聞きます。この時に大事なことが説得力だと思います。

そんな面倒くさいと思われるかも知れませんが、これはビジネスにおいて習得すべき基本中の基本だと思います。これが出来ない人にはやはり仕事は任せられないと思います。何故ならば一人で出来る仕事はないからです。必ず誰かを説得し、納得してもらわないと良い仕事は出来ません。理想は結果的に気持ち良く仕事をしてもらうようにコミュニケーションをとることです。

そのためにはどうしたら良いでしょうか?大きく2つあるかと思います。まずは目的を明確にすること。これは自分がやりたいとか、上司がこう言ったからというのではなく、利用者がこれが欲しいというものを本質まで掘り下げて提案することがまず大事だと思います。人は誰しもその人の個人的な想いや欲に共感するわけではなく、特に弊社のようなサービス中心の会社では利用者目線が求められます。

その次に大事なことはそれを解りやすく伝えることです。様々な国籍の人がいる弊社のような場所では日本人はこうだ!日本はこういうもんだ!といっても伝わりません。どうしてそうなのかという部分をいかにロジカルに伝えるかということがとても大事です。客観的にみてもこうだという部分があると共感しやすいですね。更に5W1Hといった具体的な情報もあると良いと思います。

上記2点が説得の基礎編かと思いますがそれでも難しい場合結構多いです。
後大事なことは信頼関係ですね。この人の言うことだったらまかせられる。という部分これは日頃の行いが重要でしょうし人間関係も重要です。

悩んでいる人多いかと思いますのでまず基本からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

↑このページのトップへ