この本はファッション業界に強い影響を与え続けている尾原さんの最新本です。まだお会いして間もないのですが周りを巻き込むパワーに毎回圧倒されています。こんな凄い女性リーダーが日本にいたんだという印象を持ちました。
この本はそんな尾原さんが書いた最新本です。最近元気がないファッション業界全般を俯瞰し未来を予測しています。私は最近のファッション業界を見ていて、車で起こった事例に似ているように感じています。どういう事かというと車は移動する価値からスポーツカーという見せる楽しみや運転する楽しみの価値に変わりました。そして更にボックスカーのような運転というより空間としての価値に変化して、更に電気自動車で動くスマートフォンに変わろうとしています。ファッションも身を守る価値から見せるファッションという価値に変わり、今次の価値にシフトしようとしているように感じています。
この本の中ではファッション業界そのものの歴史や最近のITサービスの現状と今後、そして企業の経営課題まで書かれていて、ファッション業界の経営者にとってバイブルになるのではないでしょうか。
グローバリゼーションとデジタル革命から読み解く―Fashion Business 創造する未来
41zR8YJht2L.jpg

この本は友人の岡島さんが書いた本ですがタイトル「40歳が社長になる日」はとても衝撃的ですね。でも海外では既に当たり前の事なのかもしれません。岡島さんは商社やコンサルティング会社などで活躍し、その後ヘッドハンティングなど人材系のお仕事をして、現在は経営チームを作る仕事をしています。
この本は様々な人を見てきた経験をベースに書かれていて、実態を理解した上でのとても説得力のある本でした。岡島さんの友人なら誰しも納得の内容だと思います。特に大企業の課題は昭和モデルで成長したがゆえに変えられないというまさにイノベーションのジレンマが起こっている現状が書かれています。大企業の経営者は皆この本を読んで経営イノベーションを起こし若手社員を活性化して日本を変えて欲しいですね。個人的には10大疾病が参考になりました。
大企業の経営者に読んでもらいたい本です。
40歳が社長になる日(NewsPicks Book)
81rNA4VE07L.jpg


ベンチャー企業では部下にやらせるとか怒るとかで仕事をマネジメントするマネージャーが多いように感じますが、それで良いプロダクトは生まれるのでしょうか。私はベンチャー企業の成長はリーダーの成長と比例すると考えます。
この本では組織が危機的な状況や部下を育てる余裕がある状況、部下達が自然と成長していく状況によってどうマネジメントやリーダーシップが変わるか、またどうすれば育てたり、成長するのかが書かれています。若手マネージャーにぜひ読んで欲しい本ですね。
エラスティックリーダーシップ ―自己組織化チームの育て方

710YEQbMvZL.jpg

↑このページのトップへ