こちら最近P&Gマフィアとも呼ばれるP&G出身のマーケッターのスマートニュース西口さんの本です。いわゆる狭い概念のマーケティングではなく、商品開発レイヤからより広いマーケティングから書かれていますが、最後はきちんと数字を使って結果を出す手法までまとめられていて実績を出している方はさすがだなという印象でした。
この中でN1のインタビューから入るという部分があります。多くの生活者の調査を活用するではなく、一人の生活者に圧倒的に寄り添ってそのニーズや行動を深堀するようなやり方は本当に学びになりました。まさに真骨頂というかいわゆるデータマーケティングを超えたプロとしてのマーケッターならではの語りは説得力がありますね。
新規事業開発者やベンチャー起業家、そして全てのマーケッターにお勧めの本です。
たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング(MarkeZine BOOKS)
book.jpg

元USJのCMOだった森岡さんの本です。ビジネス本というより生き方の本です。彼がおっしゃるとおり日本では何故生きるのかという根本のところを考える教育になっていません。なので勉強して社会に出てそれでも何をしたいかわからないという人、自尊心のない人が多いです。だから自殺率が高いのかも知れません。
自分の子供に話しかけるように書かれたこの本ですが早速娘にプレゼントしました。読んでくれるだろうか。自分の生き方に悩んでいる方や迷っている方、特に若い世代に読んで欲しい本ですね。
苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
book.jpg

プラットフォーマーの時代で世界中プラットフォームの会社が勝っている。そんな中何故日本からプラットフォーマーが生まれないのかという声が良く聞かれます。
前職ではソニーで何故プラットフォームが生まれなかったのか、そしてハンゲーム、そしてNAVERとLINEなどでは会社としてずっとプラットフォームが生まれるプロセスを見てきました。今回のC CHANNELも新たなプラットフォームを目指して悪戦苦闘しています。
この本ではECのプラットフォームから今流行りのシェアエコノミーまでどんな風に立ち上がり、どうやったらグロース出来るのかなど具体的な戦略の在り方が書かれています。プラットフォームを生み出したいという経営者や新規事業開発の方々にお薦めの本です。
プラットフォーマー 勝者の法則 コミュニティとネットワークの力を爆発させる方法
book.jpg

↑このページのトップへ