どの分野からも頼られる管理栄養士になる
これは死ぬまで目標

・大好きなスポーツと関わる仕事がしたい
・生きていく上で欠かせない食事を仕事にしたい
この2つの想いからスポーツ栄養に出会って、アスリートの食事に興味を持った

祖父を自宅介護してた頃料理を作ったこともあり嚥下困難者が美味しく食べられるように…病院も興味がないわけではなかった

人の命はあっけない
病気になってからでは遅い
健康なときの食事がみそだと感じた

私に不足しているものは
圧倒的に調理の経験

どの分野からも頼られる
にはまず専門分野を極める事

だから委託給食で経験を積んで
世界も見て管理栄養士だけじゃなくスポーツ、トレーニングの知識も深めて
10年後1人でもやっていけるように詰めていく

今日から残り半年アスリート化してひとつずつ声に出して行こう。
管理栄養士の国家試験に合格じゃなくて、きちんとアウトプット出来るレベルを求めて。