投票率、最悪。

どうやら選挙権のある人の2人に1人、投票に行ってなかったようです。特に野党支持の人たちは挙って「これで日本がメチャクチャになっても文句言うなよ!」と怒り心頭で、巷では「マスコミなどのメディアのせいだ!」と兎角怒りや呆れを方々に撒き散らしています。

意識高いのか何なのか「参加しない奴とは縁を切る!」とか。語尾に120%「!」を付けまくっていて正直しんどい。

人が怒る理由はたった1つシンプルなもので
「思い通りにいかないから」だそうです。

投票率が低くとも、仮に自分が支持する政党が思った通り、もしくは思った以上に良い結果なら、今怒ってる方々は同じように怒っていたのでしょうか。きっと投票率のことなど忘れて喜んでいたのではと推測します。

さて、私「投票しない人」に対して何の怒りもなく、これもまた"投票しない権利"を行使しただけなのかと思いました。是非はともかく「そういう人もいるんだな」という程度。

むしろ「投票しない人が何で怒られなければならないのだろう」と感じるくらい。

確かに連日のどーでもいい…おっと🤭、芸能ニュースばかり取り沙汰すTVメディアばかり。もっと報道すべきニュースは沢山あるだろう!と、お怒りの方も多い(そういう方は今すぐTVを捨てて、インターネットや新聞などで気になるニュースをチェックした方が快適だと思う)。

ただ怒りが収まらない方々は、自分以外の人間に対して怒っているので「自分だけ"しっかり"していても気が収まらない」のです。"思い通りにならない他人"に対して怒っているのです。

この怒りが解消される為には2通りあります。

1つは他人を思い通りにコントロールする。

もう1つは、そもそも怒らないようにする。

どちらも難しいですね。

が、
どちらかといえば後者の「怒らないようにする」方が現実味、ありませんか。投票結果に一喜一憂することは免れないとしても、投票率に怒らないようにするにはどうすれば良いかを考えてみました。そこで1つ提案です。

「投票に免許制を導入してみては」



免許制

なぜ免許制を導入するのか。

選挙権の1つ、投票権は条件を満たした全日本国民に与えられるべきです。条件とは現在だと年齢(ざっくりだな。国籍なども勿論条件に含まれます)です。しかしこの提案では投票出来る条件を年齢だけでなく、選挙にまつわるテストを受けて合格点を出さなければ免許証が発行されず、投票出来ないという制度です。

投票するハードルを設ける意味は、政治、選挙に関心が"強い"国民が投票すべきだと思うのです。つまり、何も分からず煽動されるがまま、周りに流されるまま「とりあえず選挙に行ってきた」という層を無くす為です。

投票免許はテストを受けてもらい、合格点を出した人に付与され、2〜3年の有効期限が設けられ、更新手続きの度に講習(またはテスト)を受けてもらいます。

テストは選挙にまつわる基本的な法律や歴史などから出題されることが望ましいです。

投票免許取得のテストは日本国民が望めば誰でも受けられるようにして、社会的立場が弱い障害者や要介護者として認定された方などは免許がなくても投票出来るようにします。



メリット

先にも述べましたが、なんとなく選挙に行く層を無くすこと、関心のない層に行かせないことにより、投票率を上げることを目的としています。

勿論、全体の投票数は著しく減少します。

しかし、はなっから選挙に興味がない、関心がない人には、関心を持ってもらってから選挙に参加してもらいたいのです。

ただ、この提案をすると「政治に如何にして関心を持ってもらうかを考えるのが先だろう!」という話が出てきますが、だから"ソレ"が他者をコントロールしたがるアレコレやん、って思うのです。

選挙に関心の薄い方は放っておけばいいと思います。そして選挙へ行かなくても文句も言わせておけばいいと思います。だって興味ないんだったらいいんです。

投票権は「選挙に参加したい人の特権である事」を敢えて門口を狭める事で、より大きく価値を決定付けるという狙いです。



システム

先ず従来の『投票所入場整理券』の送付ではなく、『投票免許試験場入場整理券(長ぇ)』を有権者の自宅へ送付します。そして投票免許試験場の受付にてこの投票免許試験場入場整理券をバーコードなどで読み取らせると、モニターに料金表示されるので表示された通りの額を支払います。この料金システムに関しては後ほど記します。

つまり、
テストを受ける際にお金を払ってもらいます。テストさせられるわ、金払わされるわ散々ですね!

そして指定された時間にテストを行い、合格ラインとなる点数(80点以上とか)を獲得した有権者が免許を取得する資格を得るというシステムです。

免許証を取得した有権者は免許証を持参して投票所に行けば、投票日当日でなくとも期日前でも投票可能となります。

めんどくさい!!

だが、それがいい!!



累進課税

さて、ここで累進課税の登場ですが、これは低所得者にはテストを受ける際にかかる料金をほぼ全額免除して、所得が増えるにつれ料金が増額するというシステムです。

お金持ちの人が投票するには、お金が沢山かかるという仕組みです。逆にお金のない人が投票するにはお金が極力かからない。

そしてテストは平等に受けてもらうというハードルなので、2重のハードルですね。

ここで得たお金を運用して選挙をする度にかかる経費の補填に当てたりして、選挙にかかるコストを削減します。

以上が何となく今回の参議院選挙に参加して考えた提案です。

なんで選挙に参加しないんだ!というより、
なんで選挙に参加してるんだ!ということ。

それを免許証が実装されれば各々が選挙に関して体裁を気にせず、もっと「素直に意識する」ことが出来るのかなと。選挙に行くことが当たり前じゃなくて、選挙に行けることがもっと特別に思えてもいいんじゃないか。なんて思います。

以上、テキトーな提案でした。

…と、思っていたら既に提案してる人がいました。

「選挙免許制でポピュリズム防げ」 呉智英が危惧する民主主義の暴走
封建主義者かく語りき
www.buzzfeed.com

私も封建主義者なのかな。

以上!

以下はお気軽にコメントして下さい。

(文・田畑"10"猛)

▷▶︎column

_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9458.JPG
7/17、誕生日。
 
田畑家は結婚してから初の旅行。誕生日プレゼントはよめの笑顔、を獲得するために大谷資料館という地下神殿と🏛、街灯のない闇夜の森にポツンと生えたように鎮座するコテージ型ラブホ🏩を経由して、那須高原の奥地にある藤城清治美術館⛪️へ行くマニアックな旅に出掛けました。
 
 
土砂降りの最中に傘を盗難されたり(わい誕生日やで)、シンプルに風邪引いたり(わい誕生日やで)、経由したラブホで寝ようとする直前に友人から悲しい報告をDMで受けてよめと2人で相談に乗ったり(わい誕生日やで)。
 
いやあ、そりゃあ、めちゃくちゃ楽しいさ。
 
 
___めちゃくちゃ楽しいことにお金をドバドバ放出してるくせに、その上「バンドのイベントに遊びに来てくれ」「来れなくても資金援助してくれ」ってなんて強欲なのだろうか。ドン引きされる事請け合いである。
 
しかしだ。
 
それでも言おう。
 
「遊びに来て」とも
「お金下さい」とも___誕生日を利用して
 
 
‼︎‼︎誕生日を祝いに投資してくれやァァ‼︎‼︎‼︎
日暮里にある倉庫を来月8/27(火)〜8/28(水)の2日間借りて、ワケが分からないけど一生記憶に残る夜を過ごしたいです。その名も『よあそびくらぶ』   ・音楽とレーザービーム ・不条理かつ妖しいダンス ・理屈の狭間に垣間見える感情的なお笑い   それぞれが“混ざらず交わる”今までにないライブ体験。「コレってアリなの?」という、受け手となるアナタの疑問から始まる咀嚼で混ざり融け合うインスタレーション・ライブの実現を目指しています。 即興劇ではなく、四方八方から計算されたアート・パフォーマンスに是非ご協力下さい。 目標は¥277,000です。会場費、スタッフ、その他機材などの経費の合計で、準備に相当するお金が掛かります。(総額¥355,000です) ¥3,500で1日参加権、¥5,000以上の支援で両日参加権をデジタルの画像でお送りします。よろしくお願いします。
¥3,500で1日参加権、¥5,000以上の支援で両日参加権をデジタルの画像でお送りします。を支援のおかえしとして受け取ることができます。
polca.jp
(↑なんと本日から手数料 0%‼︎‼︎キャンペーン中なので、支援して戴きましたらそのまんま企画の制作費に充てられます‼︎‼︎スゲェ。既に支援して戴きました皆さまの分も決してムダにせず取り組みます!)

 
 
ただ、芸術やら音楽に興味ない人に向けては言ってないから安心して無視して欲しい。そんな人にはまったく関係のない話だから(でもそんな人、いないよね。居たらお互いのために近づかないで欲しい)。
 
 
___よめを喜ばせようと行った藤城清治美術館でね。直感のみで予備知識なく誘った田畑自分もすっかり魅入られてしまって。何というか説教臭くないのに、色んな事を教えてくれたりヒントを与えてくれる空間がとにかく居心地良くて。
 
すっかり藤城清治の作品と生き様に心酔して。
 
めちゃくちゃ良い体験となる作品を作りたくなったんですよね。それ以外に伝えようがない。
 
 
田畑"10"猛自身の今年の抱負なんぞどうでも良いし、誰も興味ないどころか自分も興味ない。田畑はずっと現在進行形だし、その進行を色んな形でサポートし合える関係の人は今後も付き合って行くだろうし、そうじゃない人とは離れていくだけだろうし、人間とはそういうもんなのだ。
 
 
8/27〜28の『よあそびくらぶ』が終わったら、やっと自分にまつわる記念日が祝えそうだから、それまで おめでとう は未だ未だお預け。
 
とはいえ、ありがとう。
 
こんなめんどくさい奴相手にリアクションするアンタら最高にクールな人達です。仲良くしてくれる人たち来年辺り皆んなで旅行しようぜ。田畑"10"猛が案内しますゆえ。


寝る前のこと。鼻を啜り上げる音が聞こえました。妻はベッドに横になりながら布団をミノムシのように頭まで被っていたのです。私は大丈夫かと体調不良を案じました。確かに喉からくる風邪をこじらせていたのも後に発覚したのですが、おもむろにミノムシの"カサ"を捲ると、顔を赤くして泣き腫らす妻の姿が目の前に。再び大丈夫かと問い掛けるも「うん」と返しつつ首を横に振るのです。どうしたのと訊ねても同様に、しばらくメソメソ。その日を振り返っても理由は分からず黙って寄り添っていると妻が口を開きました。

「不安だ」と。

続けて「私はちゃんと出来てない。貯金も思うように出来ず、家事も上手くいかないし、仕事もミスするし、役に立っているのか分からない。好きな絵も思うように描けてない。自分は…」と、自信の喪失を涙声で話してくれました。辛いなぁ、と薄情がデフォルトの私ですらため息を飲み込み、胸の奥が沈みました。

我々は当然の如く共働きで、貯金も僅かながら細々と貯めつつ生活しています。それでも私のバンド活動で、側から見れば無謀な予算組みで企画し続けて、何とか毎回成功させながら自腹分を回収していても、生活苦から逃れるほどの大勝ちもなく先の読めないギャンブルを続けているワケですから、妻が家計を心配することはこのご時世ですので分かります。

脱線しますが、ザックリと。バンドの現在の自腹分はマイナス12万円ほどです。ただ、最大36万円かけた分を24万円回収出来ているので、じっくり焦らず活動すれば近いうちに取り戻せるペースと目論んでいます。SNSのnoteでのサポートなどの支援もダイレクトに予算に反映されていますし、偏に支えてくれるファンの方々の力を存分に借りて、現在までライブや音楽制作に自分たちのペースで打ち込めております。この点については私がバンドを代表してお礼申し上げます。ありがとうございます。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8920.JPG
前回企画『なみのはじまり』フォト
撮影 : 竹内聡

話を元に戻すと、妻の涙交じりの不安は家族単位というよりも、この社会で、世の中で、必要な人間なのだろうかという個人としての不安を抱きながら生きている発露でした。「自分は生きていていいのかって?生きててくれよ!」とは山本太郎氏が参議院選挙の街頭演説で放った一節。

社会的にマイノリティでなくとも、SNSで日常的にひけらかされる幸せそうな絵面字面と自分を比較して、カウンターのように落ち込む人は沢山います。「私の力不足だから仕方ない」と嘆く姿は、「いじめられる私が悪い」と悟ったように絶望する子供を眺めている気分に陥りますし、周りも「空気読まない奴だなwww」と揶揄した上で流行りの自己責任論を振りかざします。

これ、我々のように何の生産性もない音楽家にしても同じことが言えて。「世間のニーズに合わせられない音楽家やバンドなんて存在していていいのか」というマウンティングを再生回数やSNSのフォロワー数で力を推し量り、価値が定められていく業界。音楽だけでなく、絵や漫画、文章やあらゆる"個の表現"に携わる方々の中にはジレンマを抱えながら活動する方も少なくないと感覚します。私も時々同じく「こんな世間にウケないことやってていいのだろうか」と立ち止まることがあります。

そのくせ認められたい。ニーズに応えようともせずに認められたいだなんて虫が良すぎますか?私は思いません。

いつぞや「プロ志向のくせに動員少ないバンドは業界が衰退する原因になるからライブするな」という趣旨のブログが少し話題になりましたが、これは本当に、根本的に記事内容が旧石器時代の感性だと思いました。ちなみにブログ主の主張としては他にも作る音楽にも同様に「ニーズのない音楽には価値がない」という趣旨を言及していましたが今でも残念に思います。

進化したテクノロジーの話ではありません。プロやらアマやら志向問わず、プロでもアマでも「やりたいようにやれる」ことが自己表現の前提として担保されるべきだと考えるからです。ただ結果を出したいなら活動を通して学んで実践を続ければ良いのです。あまりにも哲学のない自動機械的な発想に落胆したのです。だったらそんなニーズはAIに任せて応えてさせればいいじゃないかと。

また脱線したので妻の話に戻せば、誰彼のニーズに上手く応えられないで涙するような不安をこの世の中では渦巻いていて、そのような不安から避難したり立ち向かえるパワーを与える位置に本来アートが置かれている筈なのに、そのアートですら社会のニーズから逸脱出来ずにいるのです。今では分かりやすいだけのモノだけが求められ横行し、広告の添え物に成り下がってしまったモノがだけが良質なアートだと。分かりやすいから良質なのだと宣うのです。そりゃあ妻も不安がることでしょう。

「売れないのに絵なんて描いてていいのかな」と。

それでも承認欲求をイイね、スキ、ファボなどの仮想的ステータスで満たされて活力にしようとするその様はドラッグ中毒そのものです。活力なら未だしも幻覚をリアルで見ているような。

私の知り合いの某メジャーバンドのメンバーは飲みの席で「1,000人規模のワンマンライブが大成功したのに、帰りの電車賃を払うお金がサイフに入ってなかった時は絶望して泣いた」と話していましたが、リアルなお客を目の前に歓声を浴びているバンドマンですら貧困者がいるという状況です。人参をぶら下げられた馬のようにコキ使われて、一部の人間だけが得をしているのでしょう。

それなのに私のバンド"もらすとしずむ"は今回、金にもならないどころか、大きなマイナス覚悟で世間のニーズに応えようとせずワケの分からない舞台を日暮里の倉庫で2日間やると出た。正気じゃないですか? 恐らく我々に寄せられる今の世間のニーズとは「誰オマエら。知らねー。バンドなんかやらずに生産的に働け。贅沢なんかせず国のために死ね」という感じでしょう。どちらが正気じゃないのか。私は私のバンドでやろうとしている舞台こそ音楽家として、アーティストとして、そしてこの時代に生まれた1人の人間として正気を保った生き方をしていると言い切ります。

だからビースティ・ボーイズ"Fight For Your Right"の「You gotta fight for your right to party」という一節よろしく、私は楽しいことを勝ち取る為に日頃から働いているし、妻にもそう思って日々を過ごしてほしいと話しました。だから、あなたが"周りの雑音を気にせず"本気でやりたいことならやれば良いと思うのです。

しかしながらバンドの企画はニーズに応えようとしないため、我々のことを知らない人には先ず「何なのかよく分からない」ので資金的な支援も、予約も未だ未だ伸びていません。しかし少なからずこうした文章を書き続けることによって理解を示してくれる方が徐々に増えてきている事も事実です。諦めたらそこで試合終了、誠に名言でございます。まだ終わってない。

我々の苦労話をネタにして浪花節を披露することは苦手ですが、この話は決して苦労話ではなく、「何だか世間のニーズにはあんまりヒットしないけど、自分自身が大切に思ってること、感じてることをカタチにしたい」と思っているクリエイターの1人として「ワケ分からないかもだけど、めちゃくちゃ楽しめることをしよう!」としている様に協力をして欲しい!というお願いなら得意です。何故ならその気持ちに嘘偽りがないから。

政治の話のような大きな変革ではないかも知れませんが、我々クリエイターやアーティストにとって、そしてクリエイターやアーティストを愛する人にとって、「こんな事出来るのか!」というショーを実現したい。そう思って日々を過ごしています。そして妻も前向きに今回は照明スタッフとして協力してくれます。

_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8986.JPG

妻と私

私はお陰様で自分自身への不安はあまり感じておらず、考える不安要素としたら、このショーに関わる全ての人、物、事のことばかりです。それでも制作チームや出演者とのミーティングをすればするほど楽しさが増していくばかりですし、集客や資金調達の不安も必ず解消されると信じて文章を書いています。

ただ貴方らしく生きていてくれよ。誰かの役に立つ事を前提にしなくたっていい。生きていてくれ。人は、命はコストではない。勿論無理に繋がり合う必要はありません。しかし、興味を少しでも示せる対象には、ありのままで活き活き過ごして欲しいと願います。後付けのようですが『よあそびくらぶ』ではそのようなメッセージも孕んだ舞台となりそうです。





タイトル通り、これは宣伝です。

このnoteでも支援して下さる方もいらっしゃいますし、polcaというサイトからも支援を募っています。
日暮里にある倉庫を来月8/27(火)〜8/28(水)の2日間借りて、ワケが分からないけど一生記憶に残る夜を過ごしたいです。その名も『よあそびくらぶ』   ・音楽とレーザービーム ・不条理かつ妖しいダンス ・理屈の狭間に垣間見える感情的なお笑い   それぞれが“混ざらず交わる”今までにないライブ体験。「コレってアリなの?」という、受け手となるアナタの疑問から始まる咀嚼で混ざり融け合うインスタレーション・ライブの実現を目指しています。 即興劇ではなく、四方八方から計算されたアート・パフォーマンスに是非ご協力下さい。 目標は¥300,000ですが、実際には¥355,000を目指しております。会場費、スタッフ、その他機材などの経費の合計で、準備に相当するお金が掛かります。 ¥3,500で1日参加権、¥5,000以上の支援で両日参加権をデジタルの画像でお送りします。よろしくお願いします。
¥3,500以上の支援でイベント1日参加権、¥5,000以上の支援でイベント両日参加権を進呈します。を支援のおかえしとして受け取ることができます。
polca.jp
↑是非支援して下さい。

正直polcaは手数料がnoteより安いのでおススメしていますが、noteで少額でも支援下さると嬉しいです。どちらも¥3,500以上支援下さればイベント『よあそびくらぶ』1日参加権、¥5,000以上支援下さると2日両日参加権をデジタル画像で進呈します(加えてシークレットクラブにも招待します)。またどちらのサイトも利用しないけど支援したいという方は是非メール

morastocisum@gmail.com までご連絡ください。お振込先などをお伝えします。

何より希望としてはご予約戴き、ご来場戴けると幸いです。是非『よあそびくらぶ』を体験して欲しいと思います。自主企画の1つのシリーズとしては最後となりますが、結果として周りのアーティストにも影響を与えられるような作品に仕上げたいです。力を貸して下さい。


もらすとしずむpresents
Beginning19.8 『よあそびくらぶ』

【日時】
2019.08.27.(火).19:30open(変更の可能性有)
2019.08.28.(水).19:30open(変更の可能性有)

【会場】日暮里d-倉庫
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6丁目19−7

【料金】前売¥3,500/当日¥4,000
mail : morastocisum@gmail.com まで
(日にちとお名前、人数を明記してご予約下さい)
※各種SNSへのDMでも受付していますので、お気軽にどうぞ。

【定員】50名

【物語】
は特にない

【概要】
日暮里d-倉庫を3日間(準備含め)借りて、夜遊び
レーザービームと、ダークウェーブと、ダンス

バンドが手掛ける、舞台を使ったライブショー
 
【出演】
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6297.JPG
〔もらすとしずむ〕
田畑"10"猛
千代モロゾフ
吉村ロデム
岡崎竜太
TAKUROW
 
〔ゲスト〕
飯塚友浩
ホシノメグミ
ハクション中西
 
〔舞台監督〕
下谷高之

〔音響/PA〕
増谷絵里

〔照明〕
田畑優美

〔映像〕
VJ Bori

〔レーザービーム〕
Y.S.D.

and more...



(田畑"10"猛)


↑このページのトップへ