【1st one-man live】

2019年1月21日(月)

下北沢SHELTER 

『STRONGER THAN YOU』

open 19:00/start  19:30
adv ¥2,500[+1d]

IMG_20190125_212047.jpg

 昨年でドルオタ卒業してから1月で3回目のアイドル現場だけど、参戦多くね?と我ながら思いつつも、でもオタ活と呼べるほど濃い活動はしてないのよホント。
この「終演後物販卍」のワンマンチケットも、昨年知人から譲っていただいていたもの。
メンバー花音レイナ、れいちぇるが病気(足の軟骨がなくなっちゃったとか)にて本公演にて卒業、ということもありせっかくだから行くかなと
でライブ自体はめちゃくちゃ楽しかったです
もっと人気出て欲しいなぁと思いますね
IMG_20190124_094044.jpg
 で、さきどり発進局の西宮もえさんも来ていたようです
実は昨年、Twitterで公演見に来ると言ってたのでそれもあって僕も参戦決めてたりして(笑)
まぁお元気そうで、何より

1月19日(土)
「駄好乙と爬虫類を語ろう vol.2」

[会場]@VVT_O
[OPEN // START]10:35 // 10:50
[入場料]¥1,000(+1D)
[ゲスト]写真参照

IMG_20190121_091106.jpg
 出掛ける用事があったので、それを理由に鶯谷へ寄り道。
蛇2匹目をお迎えし、最近はダイオウサソリを家族入りした駄好乙ちゃんの、爬虫類への愛を語るイベント、その第二回。

1月上旬は駄好乙生誕祭、PINOCO生誕祭と重要イベント目白押しでしたが年末のさきどり解散の喪に服す?意味で参戦自粛。
本当は1月中はアイドル現場行かないつもりでしたがモノガに行ったしまぁ良いかなとゆるり懐かしのバリバリ東京へ
IMG_5s94m1.jpg
 着いたのは開演予定時刻から30分ほど過ぎた辺り
朝早い&トークイベントということでお客さん少な目
駄好乙ちゃんは大きなコブラのぬいぐるみを持ちながら色々語っていました
DSC_0029_1.JPG駄好乙ちゃんの爬虫類、奇蟲愛は半端ないし面白いので本書くと良いと思う
蠍を衝動買いとかなかなかないよね

 トークのあと、ライブ
ORUSUBANとアンコールで死んだらどうなっちゃうの、かな
タイトル自信なし

チェキはPINOCOさんと駄好乙ちゃん
駄好乙、点点列が長し
最近はこの中学生二強らしい
やはりJCブランド強いのか

成人を迎えるPINOCOさん、相変わらずお美しい
バレンタインを意識した白と赤のチョコレートのようなネイルが綺麗でお洒落でした
IMG_20190121_120453.jpg
振り袖は胸がきつかったらしい

駄好乙ちゃんも心配してくれていたようで、嬉しかったです
IMG_20190121_120617.jpg
駄好乙ちゃんはさきどりの西宮もえ推しで
1/31、もえるんのTwitterアカウントが消える間際
もえるんが最後のファンサービスで行ったリプ返
駄好乙ちゃん、一番最後にリプもらったそうです
「愛してます」という返事
その日、鶯籠はライブがあったから
帰りの電車のなかでTwitterを見泣いていたとのこと

あの2018年の年末、あのエモさは
忘れることはないでしょう

「また来たくなったら来れば良いからね」

と、優しい言葉をかけられて
鶯谷を後にしたのでした

あ、14歳お誕生日おめでとう
駄好乙ちゃん
DSC_0031_1.JPG







〜monogatari 1周年記念LIVE〜

■日程:2019年1月18日(金)

■会場:新宿ReNY 

■開場:18:30 / 開演:19:15

■料金:無料(別途1Dのみ)


IMG_-vpjxbi.jpg
12/28にさきどり発進局が解散してから行く初めてのアイドル現場
2019年のオタ初めが「monogatari」になろうとは予想だにしませんでしたが
DSC_0021_1.JPG

無銭だし知人に誘われたので、というのがその実態
ただmonogatari自体は好きだし
オタ活を縮小しようとしていたこの年、最初の現場があまり思い入れのないグループってのも良いかなと(笑)

1年前に「原宿物語」から「monogatari」に改名、その改名お披露目ライブとしてSELENEでやはり無銭ライブを開催し
その時行きましたが会場はぎゅうぎゅう

今回も覚悟していましたがやはりぎゅうぎゅうで
無銭とはいえ平日のレニーを満員にする集客力は侮れないと思いました

開演ギリギリに現場に行き、最後方からの観覧
ステージは高いのでよく見えます

ビジュアルレベルの高いメンバーたち
曲は「monogatari」がやっぱ好き

ライブ後に無銭ハイタッチがあったらしいけど、早々に退散して呑み

こんくらいの緩い現場参戦がストレスもなくいいんじゃぁないでしょうか
(¦3[___]

↑このページのトップへ