_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1407.JPG
渋谷区の29年度の認可保育園の入園率は66%。多くの保育園で44点が最低ラインだった模様。44点ではいれた人と、はいれなかった人がいる。

我が家は渋谷区の基準だと46点。
「渋谷区は最低ライン44点」というのを過去実績から予想して、渋谷区の認可ならいけるはず、ということで引っ越し。

さらに、最も競争率が低いと予想される保育園から順番に書いた。
実際に第一希望だった保育園の競争率は、他の保育園に比べたら低かった。
1歳が4倍、3歳が1.6倍。
競争率の激しい保育園だと1歳で56倍という保育園もあった…。ナンデスカソレ…。

結果、第一希望に3歳と1歳の息子は内定をもらった。
立てた戦略は正しくって、選んだ区も、選んだ保育園も、正しかった。

ちなみにお隣の港区の基準だと、我が家は42点しかなかった。
最低ラインは43点と予想。
どこにもはいれないと予想して、候補から除外した。
(実際には港区はまだ結果が出てないので、最低ラインの点数は予想の域を出ません)

「戦略は正しかった」なんて書いたけど、もちろんこんなこと、本心じゃない。
だって本来はこんなこと考えなくても、必要な人が保育園に当たり前にはいれないと。
住む場所だって、保育園の入りやすさは関係なく、好きな場所を選びたい。

渋谷区の最低ラインだった44点って、
・夫婦ともにフルタイムで、
・夫婦共に就労実績が6ヶ月以上あって、
・すでに有償で子どもを無認可などに預けている
人の点数だよ。
これではいれない人も出ちゃうって、ひどいよねぇ。
こんなのおかしいよ。

E2QNRHC8vW.jpg
これいいね〜
わたしもうすぐ妊娠8ヶ月になるんだけど、昨日は帰りに満員電車でだれも席を譲ってくれず、40分揺られてました…。
目の前の人は明らかにわたしのお腹見て寝たふりしてたけど。
そのあり方が、悲しかったなー(;_;)東京の満員電車は、それくらいいっぱいいっぱいな人が多いのかもしれない…

わたしはいつもだったら優先席の前に行くんだけど、たどり着けないくらいの混雑。疲れてて早く帰りたかったし、そのまま車両も電車も変えずに帰りました。

そんな時、心の支えになっている決意があって。どうしてもつらいときは、「どなたか健康な方がいらっしゃれば、よければ席を譲っていただけませんか?」って自分から声かけて、頼もうって思ってる。失礼にならないように、なるべく配慮してね。
絶対に優しい人が、たくさんいると思うんだよね。
というか、席を譲ってくれる人、ほんといっぱいいるからね。ありがたいよね。

自分の体が辛いだけならいいけど、これが早産や切迫流産につながると、命に関わるからね。

わたしも自分が健康な時は、妊婦さんとか、怪我してる方とか、高齢の方とか、いつも喜んで席を譲ってる。やっぱり助け合いだよね。それどころか、誰かのために、少しでもなれたっていうのは、わたしの幸せでもあるから、席を譲らせていただいた、それくらいの気持ち。

SOSと優しい気持ちをマッチングできたら素敵だよね〜
Google Women Will :働き方改革に、いいスタートを。
https://www.womenwill.com/japan/ideas/5648350313447424

保育園落ちた受かったと言う話が次々と聞こえて来て、ふるえ上がってるよ…。

我が家は3歳1歳の息子たちが認可保育園に行っているんだけど、引っ越しのために3月末で退園。
引っ越し先での保活の結果が、もうすぐ出る予定。昨年実績だと、44点がギリギリライン。
我が家は46点なので、どこかには、多分入れてもらえるかな、って見込み。

問題はこれから生まれる第三子。
5月に産んで、7月には仕事に復帰予定。

これから生まれる赤ちゃんの保活は、認可発表後に一気に人が動いてから、無認可中心で始める予定。
当たり前だけど今いる子がはいれてから、予約できるかどうかだから。
もしはいれなかったら区外無認可も視野に入れてタクシー通園予定。どうしてもダメならシッターさん。

引っ越し先の家の近くの無認可に入れれば、保育料は月10万くらい。区外なら、さらにタクシー代が月5万くらいかな。もしシッターさんなら月20万はかかる。

大学行かせるより高い。そもそも保育園足りなすぎで、子育て世代に経済的にも精神的にも負担かかりすぎ。おこ。

せめて認証にいれられれば、区から補助が出るけど。完全な無認可なら、全額自己負担。
ベビーシッターに補助してくれればいいのに。

ちなみに、この辺りの合理性と実効性はキッズラインさんが去年記事にしてる。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1267.JPG

↑このページのトップへ