2013.12.22 結婚式当日。
朝目が覚めると倦怠感を感じた。
「あ、風邪ひいてるじゃん。」

大事な日には体調を崩すことが多く、今回もやってしまったかと思うだけでした。
結婚式当日なのにもかかわらず、母への手紙を書いておらず寝ぼけながら書きました。
22年間育ててもらった感謝を綴り、書いてる途中に自分で泣く。
なんて、まったりしてたら時間がなくなって急いで準備をし、会場へ。

まず、到着後ウエディングドレスに身を包みプロの方にヘアメイクを施され、会場である浅草花やしきにてウエディングフォトの撮影。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6465.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6468.PNG

ウエディングドレス、タキシード、ウェルカムボード、ウエディングケーキブーケなど、ほとんどのものをプレゼントしていただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ライブペインティングや演奏から始まり、ジェットコースターで新郎新婦入場。
当時、芸人さんだったロシアンモンキー川口さんにMCを、キングコング西野さんに乾杯を、ヤンくんに挨拶をしていただきました。

ステージでは結婚式の二次会のような形式でイベントを進め、それ以外の場所でお酒を飲んだりご飯を食べたり、アトラクションに乗ったりと、それぞれがそれぞれに楽しんでいました。
多幸感に包まれていたように思います。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6466.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6469.PNG


当日、父はイベントが苦手なこともあり、不参加でした。
管理職の父は、年末なので仕事も忙しく来るのはむずかしかったんだろうな。
それでも、ちょっと寂しい気持ちになりました。
とはいえ、地元の友達やお笑いきっかけで知り合った友達、親戚も来てくれたのは嬉しかった。

本当にたくさんの人がこの結婚式に関わり、ご参加いただきました。
それは、たった半年ではありましたが、夫の働きかけがあったお陰です。
それから、支えてくださる皆さまのお陰で大成功に終わりました。
ありがとうございました。



#ウチの夫はホームレス
このタグをつけてから約一年経ちますがほとんど更新できておりませんでした。
また、少しずつではありますが更新していきたいと思います。

この内容について夫目線で書いてる本はこちら。

東京公演オーラスにはいりました。
久しぶりのヲタ活ですね。
夫と高校時代に関ジャニ∞がきっかけで仲良くなった友達2人と4人で。

すばるくんがいなくなってから6人で初めてのツアー。
見届けることができてとても嬉しかった。

最初の亮ちゃんの挨拶でグッときた。

昔から大事にしてる曲を6人になってからきくのは物足りない気持ちになったけど、内くんがいなくなった時もそうだったなって思い出した。
歌割り変わる度に胸が痛くなるね。

内くん脱退後にカップリングでリリースされたBJ。
エイターの中ではとっても思いいれのある曲ですよね。
Heavenly Psycho聴いた時にびっくりするほど泣いてしまって「こんなんでBJきいたらおかしくなる」なんていった直後にBJ流れてさらに号泣。

歌詞も思い入れも相まってメイクがボロボロになるくらいに泣いた。
そのあとはアップテンポの曲とバラードが交互に来て、完全に情緒不安定になりました。

色んな思い出が蘇る。
高校時代、わたしの生きがいになっていた関ジャニ∞。
毎年100万近くバイトで稼いで大半をツアーや交通費、グッズに費やしたよなーなんて。

しんみりしつつも内容は楽しくて、ふざけてわちゃわちゃしてる仲良しなエイトが可愛くて幸せだったよ。

丸山担のわたしは終始丸山くんを見てました。
物で隠れていない限りは双眼鏡で追ってました。
ヒゲは好きじゃないけど好きが溢れて、何してても基本かわいいなと。

わたし鏡、torn、懐かしくてドキドキした。
パンぱんだは可愛すぎたし、タカツキングは亮ちゃんとたっちょんが可愛かったし最高でした。
大阪ロマネスクは引くほど泣いた。
ここにはこれからの6人が進んでいくための曲なんだなと痛感。

ゲストに西畑大吾くん、ジャニーズWESTが来てて昨日1番叫んだ。
仲良しな関西組大好きです。

大森靖子さん、ピエール中野さん、マツコさん、絶対零度チームと色んな人が来てたみたいで純粋に凄いなって思ったよ。
いっぱいお仕事して人脈がひろがってる。すごいってね。

いろいろ書きたいことあったけど全然まとまらない。
とにかくいっぱい泣いていっぱい笑った、幸せと愛に溢れるコンサートでした。
信ちゃんが無事でよかったし、メンバー同士の支え合うところが見れてよかったし、ヤスも少しは体調良くなってるみたいで嬉しかったです。

そして、やっぱりわたしはまるやまくんが本当にだいすきなのだと再確認した。
わたしの青春を捧げた人だから。
愛してます。
幸せな時間をありがとう。

これからの活動がもっと楽しみになったよ。
関ジャニ∞を好きになれてよかった。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6047.JPG

タイから帰国後ぐったりでした。
(タイの出来事については別記事書きます。)

とはいえ、その日は「サーカス!」
西野さんが校長を務める、学び場最大のエンターテイメント。
絶対に行きたい!
だって、勉強嫌いで落ちこぼれの私が楽しく学べる場所なんだもん。
行かないわけないでしょ。

そして、今回は内装が超超超超いい感じ!!!
いつもお世話になってる人や、仲良くしてくれる人が集まる場所でもあったから、行きたい。

でも、なんでかな?
服は着替えられない、食べたお椀はシンクに置きっ放し、回した洗濯物にも手がつかない、取り込んだ洗濯物はたためない。

あれ?うごけない?

なんてことになってしまい、私たち夫婦がやっているオンラインサロン「小谷家族」内でSOSを出してみることに。
FBの秘密ページなのでここには出せませんが、みんなめっちゃコメントくれました。
周囲の迅速な対応で、救急車を呼んでもらえることになりました。
救急車に乗って病院へ。

救急隊の人に家族はどこにいるかと聞かれる。
救急隊「家族は?」
私「主人が今舞浜にいます」
救急隊「一緒に住んでるの?」
私「一人暮らしです」
救急隊「ご主人は舞浜に住んでるの?」
私「いえ、仕事です」
救急隊「勤務先が舞浜なの?」
私「うーーーん」

説明面倒くさ!なんやねん!
なんで家ないねん!説明めっちゃ面倒臭いやんけ!

なんて、思いながら2つの病院を断られつつ3つ目でオッケーでた病院へ。
点滴したら帰れるかなー?薬もらえるかなー?
近場でよかった。
なんて思いながら病院へ行き診てもらいました。

点滴からの採血。
タイ帰りということもあり、症状が怪しいので入院ね。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4586.JPG

#平成最後の夏
楽しいこと、夏っぽいことたくさんしようと思っていたのに、今年はことごとくできず、さらには人生初の救急車からの入院というWパンチをくらった。

とはいえ、今回の出来事で人の温かみや、オンラインサロンをやっていてよかったと感じられました。
本当に周囲の人あっての私だと痛感。
日々、感謝の気持ちを持っていたいです。
忘れがちだけどね。

ゆっくり休み時間をもらい、みんなにキャンディの仕事を強力してやってもらい、大好きな人たちはお見舞いに来てくれたり、食べれないことへの苦痛、食べれることへの感謝、いろんなことを体験させてもらえる夏でした。
(とはいえまだ入院中)

早くて明日には退院できるかな?
忘れられない #平成最後の夏 になりました。

↑このページのトップへ