女子限定ライブに行った。
ヲタクの朝は早い。でも、女ヲタの朝はゆとりw緊張感の欠片もなくてずっと喋り声が聞こえる()

ライブが始まって感じたのは、私は場違いかなってこと。
どうしたらいいのか本当にわからなくて困った。そんな高い声も出ないし()憧れで見てるわけじゃないし()
普段女限に入らないからわからないけど、女限エリアってこんな感じなのかなって思った。狭くて動きづらい。
やっぱり推しに対して求めるものが違うから違和感を感じるのかな?
とりあえず言えるのは一体感には欠けたw
やっぱり男の存在は大きい。
それぞれが好き勝手やっててみんなで作り上げるライブというものではなかった。

あと、これは自分の性格的な問題もあるけど、女に対して図々しくて怖いイメージだったり自分よりいろんな意味で弱いって印象があるから周りに遠慮する気持ちが出ちゃって…本当に楽しめなかった。
推しに相談したら、周りを気にしなくていい。ステージだけ見て!と言われたので2部はそうした。
推しを見ていつも通りにしてたら多少楽しめたから周りを気にしなければ関係ないってことかもしれないけど。

楽曲に対しては、最近はパラドックスツアーに慣れてしまったこともあって普通の曲たちに対して あれ?これだけ?みたいな拍子抜けする感じがあった。
女子のキャーキャー声に慣れないからかメンバーは幕が開いた時から笑ってていつものライブより緩い感じがした。
ZiliZiliとかの色っぽさは女限じゃ出せないんだなーと。
ライブ中の表現という点では相手が同性だからかいつもよりもかっこよくは見えなかった。
まぁいつものライブとは色んな意味で違かった。それが良いのか悪いのかは見る人次第だと思うけど。
楽しみ方は人それぞれだしね←
ピリッと引き締まるようなテンションぶち上がるようなライブではなかった。
撮影タイムとかあったけど、正直ライブ中写メ撮れるんだからその時間いらなくね?って思った。

思ってたよりも声を出してる人は多かった。
ただ、たぶん前の方だけ


トークに関しては…本人たちが楽しければいいんじゃない?笑
トークはおまけみたいなものでしょ?w


特典会は2sだけだったけど剥がしが緩くて割とゆっくり話せた。
1回会場に入ると出て並び直すとかじゃなくて会場内ループだったからなかなか外の列は短くならなかったけど()
三品・松田は完売。まぁ安定のって感じ。
坂元・小玉はお察しの通り。
1メンバー100枚くらい用意があったと思う。
妥当かな。


そんな感じの女限ライブでした。
胸張って、この日のここはまじ良かったってところがあるとするならば…パジャマ姿のメンバーは可愛いかった!
あと、グッズの値段設定は妥当だった!

推しのおかげで楽しめたけど、ライブだけで見ると対バンにも負けるかなー。
会場全体で作り上げる一体感はライブには必要だなと。その為に必死になる人がいないとこんな感じ。
男ヲタよりも内輪ウケな感じあったよ()

今までわーすたを支えてきたのはどちらかと言えば男ヲタの方なんだから男性限定ライブもやってほしいなと個人的には思いますけどね。
この女限ライブがどこに繋がるのかはわからないけどワンマン・対バン・その他イベントにも沢山来てくれるといいよね()
ってか、そうじゃないと意味無いよね。
女ヲタを増やしてわーすたに得があればいいんだけど…


以上。
1個人の感想です。
一般的な意見ではないことだけご了承ください。