◯初めに
 ・今や多くの世代にとって必要不可欠なものとなっている。様々な人が自由にインターネットに接続し、いつでもどこでも欲しい情報を引き出せるようになり、遠くの人との交流も昔よりも簡単に行えるようになった。ただ、そんな簡単に様々な人と交流できるまでには、様々な困難があったと考える。

◯授業を受けて
・インターネットを利用する人口推移とインターネットの歴史を学んだ。その中でインターネットではどんなWebブラウザが使われてるのか、年が経つたびのWebブラウザの移り変わりなども学ぶことができた。そんな授業の中で気になった話題と言えば、「次世代通信5G」と「無料Wi-fiスポットの次は無線充電の電源スポット無料化」。私は授業の趣旨とは少しずれてしまうが、その2つについて考えてみたいと思った。

◯調べて、考えて。
5Gが普及することでスマートフォンの機能も向上する。東京オリンピックのような大規模スポーツイベントでは、スタジアムに来場する利用者の端末に向けてリアルタイムでマルチアングルやリプレイなどの高精細な映像情報を再生できるようなサービスの提供が想定されている。一定エリア内の数万台もの端末を対象とする多数同時の大量のデータ通信を可能とするためにも、5Gによる新しい通信環境が必要不可欠とされている。
〔⇨ネットから引用〕
このように2020年の東京オリンピックに向けて5Gは必要とされている。だが、5Gが普及する中ではそれなりのリスクやメリットやデメリットがあると感じた。
まずメリットから考えると高速化、大容量化、低遅延化、信頼性の向上によって、スマホでのインターネット活用は今よりさらに快適になる。大勢の人が同じ場所でスマートフォンを使い最近話題にもなっている4K動画をストリーミング視聴しても問題ない状況が作られるだろう。もう通信制限に縛られることもないだろうと考える。
また、人々の生活だけではなく、社会や企業でも利便性や生産性、効率かに貢献することができ、活躍するだろう。
デメリット今よりもっとインターネットとの接続機会が増えれば、それだけセキュリティリスクが高くなるのではないだろうか。また、消費者が5Gの恩恵を受けるには、5G対応の端末などを新たに購入しなければなりません。スマートフォンも家電製品も買い直さなければならないというのはデメリットではないだろうか。

・無料Wi-fiスポットの次は無線充電の電源スポット無料化、まず無料Wi-fiスポットから考えていく、データ容量がそろそろやばい人や、電波が不安定なときに助けられた経験がある人も多いではないだろうか。だが、アカウントの連携やメールアドレスの登録など、無料Wi-fiと言いながら悪質なこともあるのではないだろうか。そんな不安な要素もあると考えて使うべきだと私は思った。
・無線充電の電源スポットでは、いつなんのどきも必要となっているスマートフォン。毎日使い、一日中使っていればすぐ充電でなくなる。今じゃ充電器を持って歩くのも普通であるそんな中で充電器を忘れてしまった、または使いきってしまった場合、身近に充電できるスポットがあるのは便利である。今じゃピカチュウが広告している、充電スポットがある、これはどんな場所で借りても、別の充電スポットで返せるという便利な設備ができた。
私も利用したことがあるがこれも2020年の東京オリンピックに向けて、さらに進むネット社会に向けての大きな躍進の糧となるものの1つとなるのではないだろうか。