相変わらず底辺ユーチューバーをやっているけれども、最近、はっきりと自分でわかったことは、再生数とか、登録者数とか、そういのではなくて、(ぼくの基準で)culturally significantなものをやることしか意義はないと思ったことかな。


 何がculturally significantは人によって違うんだろうけど、ぼくにはぼくの基準がある。


 そう整理すると、いろいろなことがすっきりするようにぼくは思います。


(クオリア日記)