先日、鳩山由紀夫さんと、波頭亮さんといっしょにお話していたときのこと。

 

 鳩山由紀夫さんが、今まで、「牛丼屋」に行ったことがないというので、笑ってしまった。


 それで、波頭さんとぼくが、「鳩山さん、世の中には、吉野家、すき家、松屋などの牛丼屋がありましてね、それから忘れてはいけないのがなか卯で・・・」などとそれぞれのチェーンの牛丼の特徴を説明していると、鳩山さんが、「そうですか・・・」みたいなことを言っている(笑)。


 それで、ぼくと波頭さんがそれぞれの好きな牛丼のパターンを話し始めた。


 ぼくは、並に生卵をかけるのが好きで、豚汁には七味を入れる。


 波頭さんは、並に、牛皿を追加でお肉たっぷり、それに温泉卵に豚汁だという。


 波頭さんは健啖家だ。


 「温泉卵はね、並にのせると思うかもしれないけど、ぼくの場合は豚汁に入れるのです」と波頭さん。


 そんな私と波頭さんの会話を少しさびしげに聞いていた鳩山さんが、急に思い出したように顔を輝かせた。


 「ああ、そうだ、私も牛丼を食べますよ。私も、ざくろの牛丼を食べます。」


 波頭さんが笑い出した。


 ぼくはよく知らないのだけれども、ざくろというのは赤坂にあるすき焼き、しゃぶしゃぶのお店らしく、牛丼は1900円するらしい。


 「あそこの牛丼はおいしいけどなあ」と鳩山さん。


 さすが鳩山さん、わずかな共通点の牛丼も、別世界であった(笑)


(クオリア日記)