ランニングしていたら、前に小さなおこさんを乗せたママさんが自転車でいらした。


それで、ぎゅっと曲がったその瞬間、近くの踏切がカンカンカンとなりだした。


そうしたら、そのママさんが、また自転車をきゅっと曲げ直して、「あっ、カンカン来たね!」と言って、踏切の方に向き直った。


きっと、そのお子さん、電車が好きなんだ。


わざわざまた自転車を向き直したママさん、すてきなお母さんだなあと思いながらぼくは先をランニングした。


(クオリア日記)