ようやく、アマゾンプライムでのVeepの「沼」を抜けた!


つまり、Season 6のepisode 10まで、見た!


すばらしかった!


批評的にも、ロッテントマトでもきわめて高い評価を受けていて、それも頷ける。


政治におけるpublic relationsのups and downや、ジェンダーやエスニシティの問題、政治的にセンシティヴな話題、政治的野心、人格の欠点や長所、チームワークの成功と失敗、ありとあらゆる要素を賢くコメディにしていて、心からたのしめた。


また、結果として、ホワイトハウス、ロビイスト、選挙、メディアなど、現代アメリカ政治の仕組みを学べることになっている。


アメリカではシーズン7まで放送されて終結し、それも高い評価を受けたようだけれども、今のところ日本ではストリームしていないみたいだから、とりあえず始まるまでネットフリックスで見なくちゃいけないやつに戻ろうと思う。


(仕事の合間にだけど。笑)


ただいま、ネットフリックス!

Veepの沼を、ようやく抜けたよ!

しばらくぶりだね(笑)


(クオリア日記)