ビザンチン将軍問題は、一番身近なところだとLINEの既読でも起こる。


 何かメッセージが来て、それを読んで既読になった場合、返事をしなくちゃ、と思うけれども、既読スルーすることがあったとして、自分が既読になったということを相手が認知したかがわからない。


 なんらかの方法で、既読を相手が認知したとき、既読の既読として扱うとする。


 既読の既読になったらいよいよ返事しなくちゃだけど、それで話は終わらない。

 

 相手が既読の既読になったとして、それをこっちが認知したかどうか(既読の既読の既読)が相手に伝わるかどうかがわからない。


 既読の既読の既読が相手につたわるかでまた行動が変わる。際限がない。


 この無限ループを簡単に解決する方法はあるか?


 別のメッセージを送りあえばこの無限ループは事実上mootになるけれども、それはコミュニケーションにおいてどんな意味を持つか。


(クオリア思索日記)