ランニングをしていたら、公園の野球場で試合をしていた。


 双方ユニフォームを着ての、軟式野球である。


 立ち止まってみていたら、バッターがかきーんと打って、外野の方に飛んでいった。


 大きい、大きい。フェンスに当たった気がしたけれども、目をこらして見ていた審判が、ぐるぐると大きく手を振った。


 ホームランだ!


 2塁まで進んでいたランナーが、急に余裕になって、ガッツポーズをした。


 チームメートが、笑っている。


 誰かが、「エグいなあ!」と言った。


 審判がぐるぐる手を回して、エグいなあ! と言ったその流れが、ああ、生きている、と感じられた。


(クオリア日記)