先日、ランニングをしていたら、おじさまたちが座っていて、ひなたぼっこな感じだった。


 よく晴れていて、太陽がぽかぽかしていたのだ。


 そうしたら、そのうちのひとりのおじさまが、突然大声で、「もうそういう時代じゃないんだよ!」と言われた。


 前後の会話が聞こえなかったので、何をきかっけに「もうそういう時代じゃないんだよ!」と言われたのかわからないのだけれども、そうか、もうそういう時代じゃないのかと、なんとはなしにさびしく感じるとともに、おじさまたち、がんばってほしいなあと思ったのだった。


(クオリア日記)