ランニングをしていたら、公園で、小さな女の子が、おかあさんといっしょにいた。


 女の子がしゃがみこんで、「どんぐりたくさんある!」と言っている。


 そのうちに、女の子がうれしそうに飛び跳ねて、おかあさんのところに駆け出した。


 「ねえ、ママ、三角のどんぐりあったよ! 三角形のどんぐりだよ!」


 「まあ、すごいわねえ。」


 おかあさんはそう応えたけれども、もうひとりのママ友と笑っていて、女の子のどんぐりをちゃんと見ていない。


 そのうち、女の子がまた声を上げた。


 「あっ、石だった。三角のどんぐりだと思ったけれども、石だったよ。」


 少し、きまり悪そうな女の子。


 そうか、石だったのか。



 ぼくは少しスピードを上げて走り抜けた。


(クオリア日記)