街を歩いていたら、3歳くらいの男の子がお友だちを追いかけようとした瞬間に、片足から靴が脱げてしまった。


 ところが、お友だちを追いかけるのに夢中で、靴が脱げたことに気づかない。


 靴が道路の上にぽつんと置かれたまま。


 そうしたら、同じくらいの年の男の子が、その靴を見つけて、「あっ!」と言った。


 「靴があるよ!」


 そう言って、靴を持っておいかけていった。


 靴が脱げたのに気づかないのも面白かったけれども、その靴を見つけてびっくりしている男の子の様子も面白かった。


 あれくらいの年頃は、すべてに発見があるなあ。


 ほっこり。


(クオリア日記)