ニコニコ生放送の美術館シリーズはいつも仕事をさせていただくことを楽しみにしている。


 昨日は三菱一号館美術館で行われている「印象派からその先へ 世界に誇る吉野石膏コレクション展」。


 ついてすぐにディレクターの中西悠さんに「またケーブルですか」と聞いた。


 匠の技で、美術館の中をケーブルをはわせるのかと思っていたのである。


 そうしたら、今回は無線でいいのだという。

 進んだものだ。


 展覧会はほんとうにすばらしい作品が集められていて、一つひとつの絵がきらきらと光っているようだった。


 モネのロンドンの絵もいいし、ルノアールの少女のクレパスの絵もいい。ルソーがこじんまりとまとめて描いた絵もいい。


 今回のコピー、「やさしくなれます。」は電通の方が考えたそうだけれども、確かに、すぐれた芸術はそれを眺めていると心が豊かに、やさしくなってくる。


 ご一緒に回っていただいた岩瀬慧さんはとてもおもしろくそしてあたたかい方で、絵や画家、背景となる文化についての博識はもちろん、その他の「雑談」もとても楽しかった。


岩瀬さんと20191207.JPG


 展覧会は2020年1月20日まで。


 番組は、タイムシフトでここからご覧になれます。


https://blog.nicovideo.jp/niconews/123617.html


(クオリア日記)