1002回


たいりーさん


こんにちは、いつもブログ拝見してます。
29歳 会社員です。

“今日は絶対定時で帰る!”と思っていた日に
アクシデントで残業確定に。
誰が悪いでもなく、文句を言ったところでも仕方ないとわかっているので、“大丈夫、頑張りましょう!”とにこやかに対応するものの、頭の中では“こんちくしょー!”と叫びをあげている。

上記は一例ですが、言っても仕方ないとわかっているのに頭の中ではイライラ、なかなか切り替えれないということがあります。

外見も中身も素早く切り替えて、快く物事に対応していくにはどうしたらよいでしょうか?


ご回答。


ストレスの解消の一番の秘訣は、自分がコントロールできないことはあきらめることです。


「“今日は絶対定時で帰る!”と思っていた日にアクシデントで残業確定」したら、感情の反応が起こること自体は仕方がありません。


問題は、その感情を再評価したり、コントロールすることで、のりこえられるかどうかです。


ポイントは、注意の向け方で、その感情に注意を向け続けるのではなく、他のものに注意を向けたり、あるいは、手元の作業に没頭したり、要するに前頭葉の注意、集中のダイナミクスをうまく使うのです。


「素早く切り替え」るという一見シンプルな表現の背後には、複雑で有機的なダイナミクスがあります。


要は、注意のアスリートになることです。

nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』