999回


Eiko さん


茂木先生こんにちは
20代女性 現在うつ病6年目になります。

うつ病は脳内のホルモンの関係で起こるという記事を、よく見かけます。
投薬治療、認知行動療法などを行っていますが、一向に寛解する気配がないです。

"病は気から"というように、感情の面で自ら"私はうつ病なのだ"という思い込みをする事で、実は寛解しているのに"思い込み"によって症状が出ることはありますか?



ご回答


病気であるかどうかの定義は、実はとても難しく、専門家は診断基準で一応の診断をしますが、それでも統計的なものにすぎません。


ですから、ご自身が今病気なのか、あるいは寛解されているのかということは、連続的に変化していく「スペクトラム」で、そのどこかということはむずかしいのです。


大切なのは、日常生活をする中で、うまく自分の状態とつきあっていくことで、無理をせず、自分がよころびを感じることに取り組んで、少しずつ、よい方向にいくことです。


「病は気から」といいますが、その「病」自体が、文脈や気の持ちようでその意義が変化していきます。大切なのは、Eiko さんが日々を楽しまれることなのです。

nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』