977回


じにーさん


20歳の学生(男)、じにーと申します。

自分は勉強する時、読書をする時、興奮して集中すると、吐き気のようなものが込み上げてきます。
実際吐いたことはありません。
他にも、体温が下がり、視界がぼやけ、足元がふらつき、お腹が減ります。
強い興奮(勉強や読書)だと15分~30分、弱い興奮(絵画、音楽鑑賞)だと最長4時間でこの症状が出て、それ以後はなにも手がつかなくなってしまいます。(対処法は睡眠)

他の方々も学習時はこのような症状が出るものなのでしょうか?
また、これらの症状は脳の働きによる作用なのでしょうか。

ご回答していただけると嬉しいです。


ご回答。


脳がストレスを感じているようです。


なによりも大切なのは、集中するときに、「リラックス」することで、集中しているけれどもリラックスしている、「フロー」の状態を保つことです。


集中することは、緊張することは違うのです。


もしかすると、じにーさんは、過去に集中すると緊張することを結びつけるような経験をされていて、そのことが関係しているのかもしれません。


散歩をしながらなにかを考えるというのもいいやり方です。


集中しているけれども、完全にリラックスしている「フロー」の状態を経験されて、それを体得されることで、おっしゃっているような症状は消えるものと思います。


スマイル!

nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』