暑さもピークをようやく越えつつあるのかな、と思うけれども、まだまだ暑い。


 考えてみると、夏至から二ヶ月経っているわけだから、太陽の光線のピークはとっくに過ぎているはずだ。


 なのに暑いので、太陽が強烈に感じる。


 一日の気温変化を見ても、最高になるのは午後2時くらいだから、もう太陽のピークは過ぎている。


 なにかのピークが過ぎたあとに、かえって数値が最高になるのは、よくあることだと思う。


 最高になったときにはもう低下が始まっている。


 太陽にあたるものの消長を、どう見極めるのか。


(クオリア日記)