972回


とどけんさん


Hi Ken,
I'm a master degree student in the U.S.

Today, I'd like to ask (or express) about the cultural uniqueness of Japanese in terms of trust building in human relationships.
One day, a friend, she is Saudi Arabian, said to me they always start to have a new relationship with having trust. Then, if they have unfavorable impression, they gradually take leave from that person.
At this moment, I noticed one thing.
When I meet someone who I've never seen before, I always start with having doubt and trying to evaluate him or her. Then, if I feel psychological safety, I gradually start to approach to that person. 
Oh, it is totally opposite. 
Moreover, my way seems low-risk tolerant, and her way seems high-risk tolerant vice verse.
I think a similar phenomenon is appearing in the business field, especially in the business innovation.
I don't care about which is good or bad, but I'm curious why we are so. 
If you have any opinion in this issue, please tell us it.


ご回答。


読者の方々のために、回答は日本語で書きますね。


おもしろいポイントですね。


日本をはじめとする各国、地域の文化論としてアプローチすることもできますが、一般に人と人とがコミュニケーションしたりやりとりしたりする時に、相手についての情報が不足している際、信頼をどの程度におくか(信頼から始めるのか、それとも懐疑から始めて、その後エビデンスに基づいて信頼度を上げていくのか)ということをゲーム理論的に解析したら面白いのではないでしょうか。


このような「信頼ゲーム」が何らかのかたちで定式化されているかどうかは知りませんが(今一切ぐぐらないでこれを書いています)複雑なコミュニケーション、取引のある側面を信頼ゲームとして切り出して、異なる戦略の利得を検討したら十分面白い結果になるのではないでしょうか。


米国のでの留学、研究、がんばってくださいね!

nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』