夏は暑いのはやっぱりまいるけれども、夕暮れになって、空の表情が刻々と変わって、ここから涼しくなってくる、という時間はやっぱりいいものだなあと思う。


 さっと涼風が吹きすぎると、ああ、どこかで雨が降っているのかなあと思う。

 

 理屈でいうと、夏至を過ぎたら太陽のちからは弱まっているはずなのに、8月がやはり強烈な印象がある。


 もっとも、下旬になるとさすがに少しずつ弱まってきて、それはちょっと名残惜しい。


 昼間の暑い盛りでも、やがて夕方になって涼しくなってくるのだと、それを心待ちにしているとなんだかうれしい。


(クオリア日記)