ランニングしていると、いろいろと面白い光景に出会う(笑)


 先日、公園を走り抜けていたら、4歳くらいの男の子とお父さんが、砂場のところで「ごっこあそび」をしていた。


 それで、子どもが、「きゃああ。誰か助けて~」と言っているのが、あきらかにごっこで面白かった。


 それで、その、一本調子の言い方が、歌舞伎の子役が舞台で言うあの言い方に似ていたから、ああ、面白いなあと思った。


 人生の事件は砂場で起こっている。


(クオリア日記)