935回



Rolatsさん


茂木先生

いつも茂木先生の温かくお心こもった言葉を拝見させて頂いております。
私は両親が海外に住んでおり海外で育ち、大学から日本に来て、現在日本の企業で働いている27歳女性です。
一つどうしても拭えない思いがあり、茂木先生のお考えをお伺いしたく質問させて頂いております。
私は卒業後ある中小企業(コンサル系)に就職をし、結婚を機に寿退社を致しました。結婚をしても働くという選択肢がありましたが、そもそも宗教の様な異様な文化を持ち、感情をぶつけ合い、徹夜続きが当たり前の様な会社でしたので、辞められなくなる前に(期待され大きな役割をどんどん押し付けられていたので)、彼の実家に嫁ぐからと無理を言って辞めました。
今振り返ると、宗教の様な会社でしたので、辞めさせてもらないのではないか、引きとめられて断れなくなってしまうのではないか、考え直してと言われそのまま時間が経ち無かったことにされるのではないか、など色々な不安がよぎり、辞めるのに必死で嘘をついてしまったことに心が締め付けられます。
実は今、専業主婦として家にいることに耐えられず、転職をしてとてもいい環境と待遇に恵まれ働いています。
しかし一方で、前職の仲の良いお客様と食事をしたり、お会いしたりすると、寿退社をして辞めたのに今も働いていることに心が少し締め付けられてしまいます。
なんだかうまく過去を振り払えずにいるこの状況をどう打破すれば良いのでしょうか。やはり真実とは異なることを言うと、自分が後々困るものなのでしょうか。

お忙しいところ厄介な質問を申し訳ございません。茂木先生がもしカウンセラーなどをやられていらっしゃる様でしたら、すぐにでもお伺いしたいです。


ご回答。


いろいろ、人間の関係や心の機微にふれるようなことで悩まれていらっしゃる様子、伝わってきます。


人は、その時々の状況で、ベストな選択、決断をするのだと思います。


お世話になっていた会社の雰囲気の中で、「寿退社」というかたちにしたのは、その時点でベストだったのではないでしょうか。


でも、人生の状況というのは、いつも変わるものです。


その後のさまざまなことで、流れが変わってふたたび働いていること、すばらしいことだと思いますし、前の会社の方々も、関係の方々も、それぞれ人生でいろいろあって苦労されているでしょうから、きっとわかってくださると思います。


自信を持って、前を向いていらしてください!


忘却、忘れることも大切です!


まるで今朝この世に生まれたような、そんなフレッシュな気持ちで毎日を迎える、そんな考え方もあると思うのです。

nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』