地下鉄に乗って、ぼんやりしていたら、途中の駅でたくさん降りて、たくさん乗ってこられた。


お父さんと3歳くらいの小さな女の子が乗ってきて、お父さんはぼくの前あたり、シートの中央に座ったんだけど、女の子がぱーっと走っていって、シートのはしっこに座り、「パパ、こっちの方がいいよ、速くはやく!」と言った。


ぼくも、そっちの方がいいんじゃないかと思った。


ところが、お父さんは疲れていたのか、だらんとした声で、「ここでいいよ。」と言って、女の子の方があきらめて、お父さんのシートの方に行ってしまった。


ぼくには女の子の気持ちがわかった。


端っこの方が、よかったんだよね。。


でも、パパは疲れていたんだ。


あの時、パパが立ち上がって、君の方に来てくれたら、人生の景色がほんの少し違っていたんだろうね。


でも、どっちがいいとも、きっと言えないね。


(クオリア日記)