よく、ニュースとかで「全治2週間の怪我」とか言っていて、どんなのかな、と思っていたけれども、走っていて転んで怪我したところが治っていくところを見ていると、「全治2週間」って、普通の擦り傷でもそうなんじゃないかという気がしてきた(笑)。


 右のてのひらの下のところはかなり広くすっていて、ようやく絆創膏してなくてもだいじょうぶになってきたけれども、左のひじのあたりの傷は最初からなにもしてなくて、それで今みたら赤黒いのがかたまって皮膚をおおっていて、なおりかけている。


 えーと、今日でちょうど一週間くらいじゃなかったかな、転んでから。


 それで、「全治」というのがもし傷跡が完全にきれいになくなるという意味だったら、ちょうど2週間で消えるんじゃないかという気がしてきた。


 つまり、「全治2週間の怪我」というのは、普通の怪我のことだったのだろうか。


 一切ぐぐったり調べたりしないでこれを書いている(笑)


(クオリア日記)