842回



マーボーさん


17歳のN高等学校生です。
私は「バカな政府の作った学校から一刻も早くみんなを解き放ちたい」と考えています。
先日3/31日投稿のタチバナさん(15歳)の質問の回答で
「世の中を変えたり、システムを更新したりするより、自分自身を変える方が簡単だし、有意義です。

何よりも大切なことは、タチバナさん自身が、いろいろ勉強して、経験して、素晴らしい方になることではないでしょうか。

そうすれば、世の中が放っておきません。」
とおっしゃっていましたが,その素晴らしい方とは具体的にどういう人のことを指すのでしょうか?
突出した人などでしょうか?


ご回答。


N高校いいですよね!


「バカな政府の作った学校」ということですが、補足すると、ある文脈(明治維新とか)の元では最適な(最適に近い)システムをつくったのだけれども、時代の急速な変化で文脈がずれてしまって、適応的ではなくなっているのだけれども、「慣性の法則」で今までのやり方でやろうとしていて、それが時代と合わなくなってしまっているということだと思います。


私の言う「素晴らしい方」というのは、その人に触れると、人間や人生や世界の本質がわかるということと、あとは、「未来」につれていってくれるということだと思います。


そのためには、その人自身が、何が本質なのか、何が必要な学びなのかを見極めている必要があると思います。


マーボーさんも、自分の未来を輝かせるために何が必要なのか、必死で探って、それを実践しつつ学んでいってくださいね!


そうすれば、マーボーさん自身が輝くはずです!

nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』