第372回

Luke さん

茂木さんはじめまして。
ルークと申します。
年齢:19 神奈川県在住の者です。

僕は今浪人生なのですが、人とあまり会わなく
なった分、休憩時間には常に自分の将来の
事を考え、その度に不安に襲われます。
僕の父親は名前を言えば誰もが知っている
企業の重役に就いています。

僕は昔から、
「いい大学に入らなければ、お父さんみたいな
企業には、今の時代は入れないから
頑張りなさい!」と母親に言われて
育てられました。

その持論に関して異論を唱えるつもりは
ないのですが、親に言われた通りに
「いい子」を演じてきたためか、
自分は将来どうしたいのか、わからなく
なってしまいました。

アニメというものに救われた時期があり、
声優になりたいと思ったこともあったのですが
安定したレールの上を歩いてきた僕が
いきなり不安定なレールの上に乗ってしまったら
ダメになるだろうし、そもそも大学受験から
逃げているだけではないかと思ってしまい、
結局親にも言えずじまいでした。

茂木さんはどのようにして自分の
やりたい事を見つけましたか?また、
こんな僕が大学に行ったとして、その先を
自分で見つけられるのでしょうか。
不安でなりません。

拙い文章、かつ長文になってしまい
申し訳ありません。茂木さんの
お力添えをいただけると幸いです。

ご回答。

人生をどうやって生きていくべきか、というのはとてもむずかしい問題ですよね。
日本の社会の現状を考えると、お母さまの言われることも一つの世間知でしょう。

一方、声優にあこがれる気持ちもとてもわかります。
声優さんたちは、今の日本でも最も実力主義で選別され、いい仕事をされている方々ですから。

アニメは、客観的に見て、日本がもっともすぐれた仕事をしている分野です。
他の分野は権威や規模のわりにはそうではないところもあります。

人生の悩みは、つい、理念で考えがちだけど、解決は常に実際的でなければならないと思っています。
浪人されているということですから、ぜひ、大学に受かってください。
大学の4年間は、もちろん学問をすることに加えて、そのような人生の悩みについて実践的に向き合うモラトリアムの期間です。

お母さまの言われる、良い企業にはいる、ということはルートとして確保しつつ、一方で、アニメなり、声優なり、サークル活動などを通して取り組まれたらいかがでしょう?

そんな中、将来の行き先は、自然に見えてくると思います。

何よりも、打ち込むことが大切です。

何かに熱中した経験が、人生の宝物になります。


nounandemo
 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

『すベての悩みは脳がつくり出す』