走っていたら、テニスをしている人たちがいた。

40代から50代くらいの方々だ。

その女性たちの一人が、ボールを打ったら、ちょうどネットの上ではずんで、向こう側に落ちた。

不意をつかれて、向こうのコートの方は、それを受けられなかった。

それから、改めてラリーが続いたけれども、彼女たちは、打ちながら、「あはははは」
「あはははは」と笑いが止まらなくなって、ずっとずっと笑いながらボールを打っていた。

なんだか、いいなあ、と思った。

笑いながら、ボールを打つって、なんだかいい。

笑いの妖精が、あのボールをネットの上で弾ませたのかもしれない。

(クオリア日記)


テニスあははは.png