くるくるパーチクルさん

30代、男。

茂木先生。純粋さとは何でしょうか?
かつて憧れた偉人達は皆ストイックで純度がとても高い人達だった様に思います。

翻って自分を省みると、若い時ほど一つの事にのめり込む事が出来なくなった様に感じています。
興味が散漫になり、且つ薄まり、あれもこれもと思いつつ、しかし熟練せず。

純度の低い不純物ばかりが自分の中に蓄積されている様な不毛さを感じています。

純粋さとは何でしょうか?歳を取るともう純粋さは手に入らないのでしょうか?

ご回答。

大切な問いですね!

まず、偉人たちが純度が高いというのは、伝記を読んだり、あとから振り返ったりと「遠く」から見るからで、その人生をリアルタイムで見たら、きっと、 くるくるパーチクルのようにあれこれといろいろと由ゆらいでいたのだと思います。人生にとってノイズは大切でもありますから。

では、偉人たちは何が違ったのかと言えば、「回復力」。自分にとって大切なことに戻っていく、その力があったのではないでしょうか。

さらに、人生経験を続けるとさまざまなことを学ぶ(learn)ものですが、純度を保つためには、それを忘れる、unlearnのプロセスが必要です。

偉人たちは、いろいろな経験をリセットできる、unlearnのちからを持っていたと思います。

回復力とunlearn。この二つを意識して、しばらく試みてください! 人生に変化があると思います。


nounandemo
(ご相談なさりたい方へ。 脳なんでも相談室へのご相談は、 https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします)